念願のマイホーム完成まで

今年の春私たち夫婦は念願のマイホームを手に入れることができました。

 

遡れば動き出したのは去年の今頃です。それまで主人の会社の借り上げ社宅のアパート住まいで家賃を安く抑えられていたので、毎月10万円以上を貯金に回すことができていました。
しかし、いつまでも社宅に住めるわけではなかったので、老後のことまで考え、いづれは家を買わないといけないなと思っていました。

 

そんなある日たまたまお休みの日に時間があったので、なんとなく近所の住宅公園に行くことにしました。その時はまだ買うのは三年後くらいになるだろうけど、ちょっと見るだけ見てみようという気持ちでした。

 

そしてあるハウスメーカーのモデルハウスに入り、そこでの説明を受けました。
その内容はかなり魅力的なものでした。

 

耐震性能にとても優れた木造建築、高い断熱性により可能となった全館空調システム、そしてなんと言っても自分の希望が叶う間取り自由の注文住宅。
なんとなくで説明を聞いてきたのに、私たちはかなり本気になってきてしまいました。
そこの注文住宅評判も調べましたが、問題ありませんでした。

 

その後営業さんに資金のやり繰りについて相談をしたり、実際の完成した家を見学したりと何度か通っているうちに、良い土地が見つかれば家を建てるのも夢ではないと思えるようになりました。

 

ハウスメーカーから不動産屋を紹介してもらい、土地探しへ。夫婦とも通勤に支障が出ないよう、前住んでいたアパートからほど近い土地を10件ほど紹介してもらいました。

 

その中にとても魅力的な土地がありました。
周りは農家で静かですが、大型ショッピングモールまでは車で5分ほど、小学校も徒歩3分くらい。
落ち着ける場所だけど、不便でなく便利な場所でとても魅力的に思えました。

 

売り主とも詳細を交渉し、その土地を購入することに決まりました。
土地が決まったら、ハウスメーカーで設計の相談に入ります。毎週のように日曜日、全部で6回くらいは相談に通ったと思います。

 

三ヶ月ほどで家の設計がまとまり、着工。
建築期間は三ヶ月ほどでした。

 

晴れて今年の春完成し、今は念願のマイホームに住んで快適な生活をしています。

憧れのマイホームを建ててみて

結婚当初から、夫婦共々漠然といつかマイホームを建てたいと思っていました。

 

具体的に行動し始めたのは結婚して4年ほどたってから、第一子が1歳になったころからでした。

 

近くに住む義母から近くに中古物件が売りに出されているから見に行ってみようと誘われたのがきっかけです。

 

その物件は、気に入らず購入にはいたりませんでしたが、それをきっかけに主人と今後どうしていくか?を話し合いいろんな物件を見て回るようになりました。
中古物件のリフォーム 新築建売住宅 新築注文住宅といろいろな選択肢を想定していました。

 

とにかく沢山の物件を見て、上手な土地の探し方を研究して、新築の注文住宅にすることにしました。
中古物件や建売住宅は間取りが気に入らなかったことが多く、建売は立地条件も気に入らないことが多かったです。

 

注文住宅に決め、住宅展示場に行ったりハウスメーカーを回ったり、知人に紹介してもらった工務店の方や設計事務所の方にお話を聞きハウスメーカーが価格的に安く済みそうだったのこと、話を聞いた担当がとても感じがよかったことなどから某ハウスメーカーに決めました。

 

実際ハウスメーカーにお願いして面倒な登記関係や住宅ローンの手続きなど細かい所もお世話して頂いたので大変助かりました。
自分たちでそれらをやっていたらパニックになっていたと思います。

 

建てたあとのフォーローも手厚くとても安心して住むことができています。
住宅の価格に関しては、私たちはあまり資金がなかったのでとにかく節約しました。

 

カーテンレール 照明 外構などハウスメーカーを通してお願いするととても高かったので、カーテン照明等は自分たちでつけました。
外構は知り合いにお願いして安く済ませました。

 

私も主人もあまりこだわりがなかったのでこれで満足でしたが、こだわりがある人などはやはりハウスメーカーを通してやってもらったほうが納得すると思います。
その他住宅の設備も最小限にしました。

 

ただ小さい家ながらも間取りにはこだわりました。何度も担当と話し合い何度も間取りを作り直しました。

 

日当たりが良くなるようリビングの窓を大きくしたり、子供が小さかったのでカウンターキッチンにしてリビングを見渡せるようにしたり、デッドスペースを最小限に
抑え出来るだけ部屋を広く見せれるようにこだわりました。

 

とても満足して住んでいます。

 

マイホームは人生最大の買い物なので、とことんパートナーと話し合い、たくさん物件をみて、たくさん考えて十分納得することが大切だなぁと感じました。
いろいろ大変でしたが、マイホームを建ててよかったと心から思っています。